メガソーラーを利用【TAIYOで自然を良くしTAIYO】

温泉開発について

温泉開発は都会に及んでいる

日本人にとって温泉というのは非常になじみが深いものです。古くから湯治という考え方があり、それが旅行という娯楽にもつながっていきました。現在はどちらかといえば温泉は癒される娯楽という感覚が強くなっています。 実は温泉開発のうち温泉を汲み出すことはそんなに難しくありません。日本中ほぼどこでも1500m程度掘れば温泉はでます。温泉開発のポイントをその掘削コストを回収できるビジネスにすることにあります。そのためどこでも温泉開発するというわけにはいかないのです。 しかし、最近は都心でも温泉開発が進められるようになっています。温泉を掘ってその上にホテルを建てて温泉に入ることができる点をアピールポイントにする施設も登場しています。

開発が進んでいない地方ほど

地方に行くと温泉すらない田舎というものに出くわします。そうした地域では温泉が出ることなどあり得ないと思いがちですが、実際には最近になって温泉開発をしてみたところ見事に温泉が出てきたということが往々にしてあるのです。 この理由はまさに田舎が田舎であるが故に温泉開発から見過ごされてきたという事実です。 そのため、温泉開発を利用したい地方時自体なども出てきており、町おこしの一環として田舎に温泉誘致をという事業が始まっています。 温泉開発では土地が重要でどの土地を使うかがポイントですが、田舎の場合にはちょうど良い土地に公共施設が設置されていることが多く、そうした場所で開発することで温泉開発費は自治体持ちで利益も自治体全体のために使われる、そういう環境が整います。